柔軟性を持ったスケジュールを

スケジュール管理を行うことは仕事の効率を高めるのに役立つ方法としてどのような業界に勤める人でも利用するようになってきました。スケジュールがはっきりとしていることによってミスも減らすことができるため、やるべき仕事を滞りなく行っていくための手段として重要視されています。しかし、現場によってスケジュールに対する認識も変える必要があり、看護師のスケジュールの場合には柔軟性が欠かせません。

現場での変更を余儀なくされることが多いからであり、その大きな原因となっているのが患者の存在です。患者にとって最も身近に感じやすい医療スタッフは看護師であり、何か疑問があったときにはまず看護師を頼るということが一般的になっています。それだけでなく、院内を歩いていれば診療科やトイレの場所すら聞かれることもあり、おしゃべりな患者に出会ってしまうと立ち話に付き合うことも必要になる場合があるのです。医療スタッフとの会話では互いに時間に追われていることを理解していて最小限の会話に留めることはよくありますが、患者の場合にはその限りではありません。患者の応対が頻繁に必要になった結果としてスケジュールの変更を余儀なくされることがよくあるのです。

そのため、何が起こってもうまくスケジュールを変更できるように、柔軟性を持たせてスケジュール管理を行うことが求められます。過密スケジュールになってしまわないように、周りに助けを求めることも必要です。様々な現場の要求に応えるためにも、看護師は仕事に余裕を持って働くことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です